国家プロジェクトのセキュリティを潜ることはできるのか!?

Photo & Movie Blog Vol.141

【トップ写真】
2011年3月11日に撮影した原爆ドーム。

こんにちは。
iDS Studioの 聖巴 (せいは)です。

東広島市を拠点にスタジオ運営と
写真 & 映像のコンテンツ制作をメインとしながら
その後のウェブマーケティングのフォローまで

企業様や、事業者様の「広報・広告・採用」
情報、魅力発信のお手伝いをしています。

5月に入って、GWだ〜っと思いきや、あっという間に過ぎ
連休明けたらG7のサミットが開幕され

気が付くとG7ヒロシマサミットも無事に閉幕しましたね。
まさかゼレンスキー大統領まで来られるとは…驚きでした。

さて、ふいに前回のブログを見返すと更新から約1ヶ月が経ってました…
時は、かけるように過ぎていくようですね(笑)

皆様、暑くなってきた皐月の季節いかがお過ごしですか?

僕はというと、先に書いておりましたG7ヒロシマサミットでは
なんと、渦中へ出向くお仕事のご依頼を頂いていたので
先週は気が気でない数日間を過ごしていました。(汗)

そのミッションとは、「サミットに関連する要人が
来日、来広した際に記念写真を撮影する」

というもの。

これは某広島市内のホテルさんからディレクターを通しての
お仕事だったのですが、まぁ〜待てど待てど

行政からのサミットの情報が落ちてこない。。

開催2日前になっても落ちてこない。。。

どうしたものか。。。仕事はあるのか。。。
とタジタジしていると前日、ようやく電話が入り

「すみません、山口さんお仕事がなくなった」

えっ??? これだけ待って…。
と、若干思うも、まぁ相手は国家プロジェクトである。

そもそも僕のような報道でもない、いちカメラマンが安易と関われるわけない。

仕方ないか〜、いい夢みたな〜っと思い、その前日から体調が
思わしくなかったので、ひとまず全てを忘れて休息することに。

翌日の18日、体調が戻らないので休日を取っていたら10時頃スマホが鳴る。
ディレクターさんからだ。。

「すみません、山口さんお仕事が復活した」

何〜〜〜〜!!!っとここへ来て突然のドンデン返しに動揺するも
夕方集合ということで、急ぎスーツへ着替えて広島へ車を走らせる。

市内までは車で約1時間、、県内は交通規制の情報が錯綜する中
無事に辿り着けるのだろうかと体調より、それだけがただただ心配だった。

しかし、広島県民全力のサミット協力のおかげで
むしろ交通量はスカスカで会場近くのカフェに滑り込み成功!!

17時集合なのに、13時半には着いてました(笑)

早過ぎでしょ!!!って、ツッコミたいかもですが、広島市内は
それくらい交通規制や警備体制が業業しく早めの行動でよかったと
いう雰囲気バンバンだったのです。

ノマドしてたらあっという間に時間も経ち
そうこうしてるとディレクターさんも合流していざホテル会場へ。

ところで、今回の記念撮影の内容を深く聞いてなかったですが
誰らを撮るんですか?と尋ねると

「バイ○ン大統領とホテル支配人達です」

えっ!!!! マジか。

田舎暮らしのいちカメラマンがU.S.Aのトップに向けて
レンズを向けてシャッターを切るのかよ。。。!!!

テンション上がるやら、、緊張で逆にナーバスになるやら。。。
ディレクターと共に落ちつかない心境で待つこと2時間。。

時は日米首脳会談がリーガロイヤルホテルで行われたあと
宿泊ホテルにて、そのイベントは行われると。

ホテル支配人と副支配人や、ディレクターも交えて
撮影会場に向かい、アメリカ政府のセキュリティに支配人が
何やら話している (英語が早すぎてちゃんと理解できず)

当日のその場で、こちらサイドのカメラマンも撮影に入っていいか?
という交渉をしていたみたいで、結果はNG…..

えっ、NG…..それじゃ俺はなんのために、ここに…..

支配人達も引き下がらず粘るも、ストレンジャーシングスに
出てくるウィルの母「カレン」似の女性が
記念撮影は行うが、アメリカ政府公認のカメラマンが行うと。。

やんわり拒否….(泣)

こういう人w

さらに、ホテル内2階の撮影会場に入れるのも、アメリカ政府の
リストにある人たちだけ…ということで

僕は(ディレクターも含めて)一目みることも叶わず散りました。(笑)

あ〜、この観音開きの扉の向こうのさらに、ブルーのパテーションを
一枚隔てた先に、かのバイ○ン大統領がいるのか〜っと

NGになった歯痒さやら、残念さやら複雑な心境で支配人達の
撮影完了をロビーで待っていると、先に会場入りした他のグループの
マリーンや若いアメリカン達が撮影が終わり出てくる。

いくぶん顔が誇らしげである….その顔にまた複雑な心境になったけど
一瞬でもそんな機会があるかもしれないと思えたことや

そのイベントが敢行される上で、アメリカ政府のセキュリティが半端なく
さすがの雰囲気も感じ取れただけも、いい経験させてもらいました。

恐らくあの瞬間だけは、日本人カメラマンで僕が
一番大統領に近かった人でしょう(笑)

予想以上の(まぁ当たり前かもだけど)セキュリティの強固さに
20日、21日のお仕事の予定はキャンセル。

おかげでしっかり体を治せました(笑)

笑い話のネタにでもなればとG7ヒロシマサミットの山口の裏側を
ブログに記載して、僕も閉幕したいと思います。

3年前、イングランドの平和活動のために制作させてもらった
動画をこの機会に平和を願って貼っておきますね。
お時間あればぜひご覧ください。

このサミットが歴史的転換になりますように、そして世界が1日でも
早く平和を取り戻せること願って。

今回も長いブログを読んでくださりありがとうございます。
それでは、また次回に!! バイバイ!!

過去でもなく、未来でもない。

「今、この瞬間を生き抜く」

すると、人生はきっと良くなる!!!

2023.5.22  (月)  山口聖巴

☆ブログ定期的更新中☆

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索
良ければフォローお願いしま~す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆
メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま~す!!

世の中がこんな状況だからこそ、意識を向けていきたいこと。

Photo & Movie Blog Vol.107

 

【今日の一枚】
広島から、世界へ平和の祈り

 

こんにちは。
iDS Studioの 聖巴 (せいは)です。

 

時は流れは早く、今日から3月ですね。

 

コロ助はしょうがないにしても

皆様も知っての通り世の中が人道的に酷い事態となり
連日のひどい状況に心を痛めています。

 

周りを見渡すと原爆ドーム前で戦争反対を掲げていたり、

影響力のある方はSNSで平和活動をしたり
自分たちにできることで祈りを続けています。

 

iDS Studioとしては、何もできない状況ですが
ADRA Japanを通して数万円と少額ですが

寄付をさせて頂きました。

 

さてさて、

 

世の中の状況がダブルで不安定
なっているからといって、

揺らいでいるわけにはいけません。

 

こんな時こそ、足元をみること。

禅の言葉でいえば、「照顧脚下」

※脚下照顧とも言われる

 

この言葉には、あなたの一番大切なもの(命)
あなた自身の本当に在る処、すなわち道は、

 

「今・ここ」

 

あなたの足元にあるのですよ。
あなたの立っている処、脚下をよくかえりみなされよ。

 

という意味合いになりますが、

 

まだ来てもいない未来を過度に恐れたり
過ぎてしまった過去を悔やんでも

 

何にも変わらず、変えられるのは、

「今・ここ」「自分」だけだという法話です。

 

いい教えだな〜っと日々、心に留めています。

 

2月はゆったりと時の中で、自分、自社について
深く掘り経営者モードでいましたが

 

3月は、

・会社案内パンフレット制作
・観光PR動画を2本 (TVCM & PR)
・セミナーライブ配信
・イベントスナップ記録
・レギュラーyoutubeの新企画
・友人の会社のウェブ用写真撮影

 

などなど、予定が組まれてきたので
クリエティブモードも発動して

月初から頭がスパークしています (笑)

 

おっ、そうそう余談ですが、
3月第94回アカデミー賞もありますね。

 

日本映画からは「ドライブ・マイ・カー」

作品賞、監督賞、脚色賞、国際映画賞と合わせて
4部門でのノミネート。

 

作品賞、脚色賞は日本映画として
史上初めて
の快挙だそうで

 

監督署はあの黒澤明監督以来
36年ぶり史上3人目
なのだとか。すごい!!

 

見事、受賞されたら日本人、
日本映画界にとって超おめでたい受賞ですね。

 

月末が楽しみです。

 

皆様、暗い気持ちのエネルギーは負の連鎖として
暗いエネルギーを自身へ持ち込みます。

 

悲しいこと、辛いこと、しんどいこと
生きていたらたくさんありますが、

 

どうか、思いおもいに少しでも楽しいことに目を向けて
一人ひとりが明るいエネルギーを持てるよう

意識してみてくださいね。

 

自分ひとりが何かしても...なんて思わず

微々たることでも
あなたが楽しいと、隣の誰かが幸せになり

 

少しずつでも幸せの連鎖が広がっていくと思います。

 

世界が1日でも早く平和になりますように。

カンボジア
【カンボジアの少年】
コピーのガイドブックを売りに来た少年。
ひどい環境の中でも見せてくれる笑顔が心に刺さった。

 

ハワイ夕日
【ワイキキビーチでお隣さんと】
心に愛を!! あなたが幸せだと、隣の人もきっと幸せになると思う。

 

今回も読んでくださりありがとうございました。

次回もよかったら読んでくださいね!!

 

それでは、

「今、この瞬間を大切に」

人生を面白がっていきましょう!!!

 

2022.3.1 (火) 山口聖巴

 

☆ブログ定期的更新中☆

 

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索

良ければフォローお願いしま〜す!!

 

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆

メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま〜す!!

1000の鶴。

Photo & Movie Blog Vol.60

【トップ写真】
日本をイメージした折り鶴

こんにちは。
iDS Studioの聖巴です。

取り組んでいた映像制作が無事に終わり、
昨日今日と燃え尽き症候群となっています(笑)

気が抜けて1日中眠いし、やる気がでない。。
こんな日は無理に何かしようとしな〜いと決めてます。

さて、今回の映像作品では、
北アイルランドへ平和のメッセージを届けること。

そして、日本とのつながりを作ること。

この二つをゴールに戦後、
佐々木禎子さんの生涯の実話から

平和のシンボルになった「折り鶴」

こちらをテーマに映像作品を創り出すということで、

イギリス・ベルファスト市にあります、
民主主義平和構築センターからのご依頼でした。

2月中旬に打診があって、3月18日には納品。
制作期間みじか〜〜〜って思ったんですけど、

この仕事は意義があることになるって直感が
言うのでお請けすることに。

スカイプでのMTGも終わり、概要も見えてきた。

だけど、

なんで北アイルランドに平和を届けたいのだろう??
と言う疑問が湧き、

ここを知らないと何も創れないと思ったので、

アイルランドやイングランドの歴史を調べる
ところから今回のお仕事は始まって

垣間見たおかげで少し世界史に詳しくなりました。

どこの国も色々な歴史がありますね〜〜。
人間の思想はなぜ争うとこまで行ってしまうのだろう。

それが人が人である所以なのか(笑)

まぁ、そんなことを僕ひとりが考えても
何にもならないので、制作に集中〜っということで、

久しぶりに関わる平和活動へのプロジェクト。

広島に生まれると小学校から平和学習をするのですが、

僕は21歳から2年間のハワイ留学時に、
無知さゆえに英語のレベル関係なく広島や日本について

ディスカッションできなかった自分がいました。

そんな自分が恥ずかしかったことがあり、
帰国して原爆のことや広島の歴史を

学んだつもりでしたが、近年では忘れていましたね〜。
平和を考えるっていう感覚まるごと。。。ごっそりと。

下積み時代には、
師匠が社会性のある活動が好きな方だったので、

ヴェネチアの医者連中が、BMW(バイク)でシベリア鉄道走って
広島まで千羽鶴を届けにきた

マルコポーロプロジェクトの受け入れをしたり、

当時のサイトがまだ残ってました↓
マルコポーロチーム

ポルネシネ地域に伝わる古代の航海術で海を渡るカヌー
ホクレア号がハワイから日本へ来た時の

受け入れを県と全面的にしたり、

余談ですけど、
このホクレア号はホントにすごくて、

海図やコンパスなどの近代的航法器具を使用しないで
星を頼りに方位を決め航海するんですよ。

ぶっ飛んでますよね。(笑)

けど、これで古代のタヒチ人はハワイへ渡ったと
言われています。

ホクレア号にハワイの伝説的なサーファーの
エディ・アイカウさんとの歴史もあったり

まぁ、話せば長くなるエピソードがたくさんですが、
この話題はまた今度にでも。

当時の写真んをちょっと紹介↓ (師匠が撮った写真も含む)

ホクレアと宮島

ホクレアとうつみ丸

平和公園

集合写真

古い話ですがそんな活動をお手伝いさせてもらっていたのが、
2007年くらいなので、それから13年の間、

独立、移住、結婚、出産が続いて、
日々走ることに精一杯だったけど、

最近は少し心に余裕が持てるようなった
このタイミングで再び平和活動プロジェクトの

お手伝いさせてもらうのは、
なんだか感傷深いものがありました。

ホクレア号の当時のキャプテンであった
ナイノア・トンプソンさんが来日セレモニーの

スピーチで言ってたのを思い出しました。

「平和とは一人ひとりの心の中にあり、
そこから作り出されるものだと」

た、確かに。ということは、

自分と、少なくていいから目の前の家族や友人に対して
平和でいれば、その人もまた周りに平和でいられる。

その循環が世界を平和をする第一歩なので、
僕は心の穏やかさを大事に余裕を持てる男になろうと

思った次第です(笑)

ということで、少しでも多くの人に今回の作品が届き、
平和を考えてみるきっかけになれば作り手として幸いです。

そして、今年の秋に北アイルランドから千羽鶴を持って
広島を来日予定なので、今の世の中が落ち着き、

この動画が届いた人が折り鶴を折って、
笑顔で会えることを楽しみにしていようと思います。

映像はこちらから↓

Client : Center for Democracy and Peace Building
Director of photography : Seiha Yamaguchi
Editor : Yuta Murakami
Production assistance : Mary Popeo

Special Thanks
・Many Performer
・Gust house EN

いっつも長くなるこのブログを
最後まで読んでもらってどうもありがとうございます。

次回もまた読んでもらえると嬉しいです。

それでは、

「今、この瞬間を大切に」

目の前にある日々を楽しんでいきましょう!!!

2020.3.19 (木) 山口聖巴

☆ブログ定期的更新中☆

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索

良ければフォローお願いしま〜す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆

メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま〜す!!