撮影のお仕事しながら、色々な知識をもらえた現場 〜横浜編〜

Photo & Movie Blog Vol.135

【トップ写真】
空の旅の一コマ

こんにちは。
iDS Studioの 聖巴 (せいは)です。

東広島市を拠点に自社スタジオを運営しながら
写真撮影と映像制作を強みに

企業様や、事業者様の「広報・広告・採用」
の情報、魅力発信のお手伝いをしています。

さてさて、2月は初旬からバタバタと
岐阜市、横浜市へと出張に行ってきましたが

今回は横浜のお話。

コロナも約3年を経てきたのもあり
経済活動も概ね活発になってきたので
県外に召喚されることも増えてきた2023年。

今回ご縁を頂いた土地は、横浜市は弘明寺でした。

何度見てもこの「ぐみょうじ」が頭に入らず
度々検索してようやく覚えた地名です。(笑)

2月6日から弘明寺駅のすぐそばにある呼吸器内科クリニックへ
空を超え遠路神奈川県まで、ひと時の旅となりました。

今回、このご縁を下さったのは宮崎県出身で
全国エリアの様々な会社の顧問をされていたり

ご自身で何か商品を作り出しプロデュースを
している事業家の方から。

リスクをリスクと思わずとにかく前にでる。
まずはやってみる。

豪快にて豪傑。
そして、本質を深くふかく理解している。

僕からみると自分にはないものを
つよく持っていると思う方。

この方とのご縁ももうすっかりと長くなり
始まりは島根県は浜田市で窯業を営む社長さんから
ご紹介を頂いた。

きっかけは島根動画コンテストのイベントが
あって、知人からのお願いもあり制作する際
取材先としてご紹介頂き、撮影させてもらったことから。

主体的な制作になるため費用はすべて持ち出し。

それでも、早朝から何度も会社や浜田市へ通い
その時の自分にできるベストを尽くした。

その時、その時を全力で、誠心誠意うごいていると
不思議とご縁に恵まれ7年前に始まったこのご縁から
今回の横浜にいくことへ繋がっています。

振り返ってみると、この7年間。
まぁ〜〜、この間で色んなところにお呼ばれされて(笑)

島根県は江津市では【苔】を

松江市では【植物ミネラル】を

佐賀県は杵島郡では【塩と味噌】を

唐津市では【天然乾燥のログハウス】を

鹿児島県は姶良市では、【無添加レストラン】を

大阪では【すっぽん健康食品】について。

その関連で、宮崎県は霧島や、三重県は四日市。
神奈川県は厚木ツアー etc.

これまで色んな分野を面白いテーマで撮影させて頂き
同時に僕の知識や見解も深めることができた数々のお仕事。

そして今回が医療器内科クリニックという医療分野となり
健康オタクな僕には、たまらない分野となりました(笑)

呼吸器内科単体としては、どこにでもあるけれど
こちらのクリニックでは管理栄養士を雇用、カウンセリングをして
食事療法の側面から人々の健康をサポートしていました。

食事で補い切れない栄養の部分では医療用サプリメントを。

日本では、サプリメントを飲む習慣はなんとなく
あまり聞かない印象だけど、海外は一般的な気がしています。

農地が狭く、二毛作や三毛作をせざるおえない日本では
もう野菜に昔などの栄養価はないと聞くので
これからの日本人も栄養の補助摂取は必須になっていくと
個人的には思っています。

そういった現状での対処法を僕は西洋医学が取り入れて
処方してくれる印象はあまりなかったのですが、

このクリニックは違っていて、院内に入るとすぐ
当院のスタッフはコロナ感染対策予防として
ビタミンDビタミンCを飲んでいます。

と、案内チラシが貼ってあるのです。

さらに、

・疲れやすい
・風邪を引きやすい
・イライラしやすい
・最近太ってきた

これらはすべて「営業失調」が
原因かもしれません。

病気になるリスクを減らすため、足りていない
栄養素と原因を特定しませんか?

と体調不良の根本改善に取り組んでいる。

そして、院長先生のインタビューでは
腸活の大切さ、さらには腸活の仕方まで
聞かせて頂くことができました。

少しプライベートな話になるけれど、

我が家の次男は乳児湿疹からアトピー的な湿疹が広がり
お肌がガビガビになり、朝晩1日中掻きむしり
見るのも可哀想なくらいの状態だったのが
脱ステロイドを推してくれる良いお医者さんと出会い

掻かせるだけ掻かせてやること。

体温が上がると痒みがでるから
冬でもタンクトップ & 短パンで過ごさせること。

などのアドバイスもらったのち、根本改善として
腸に着目して乳酸菌など気をつけた結果

今では、プルプル子供肌で毛穴ひとつなく
逆に羨ましいくらいまで大変貌しました。

当時は、ありとあらゆる手段でスキンケアから
自然療法など外部からの対処はすべてやったけど
効果はなかったのが、内部を変えると効果は適面だった。

次男が1歳ちょっとの頃

最近の次男、6歳

実は、次男は誘発分娩で生まれてきました。

本来、赤ちゃんは産まれる時には、
自分のペースでゆっくりとお母さんの産道の通り
必要な菌などを自身に取り込みながら産声をあげると聞きます。

そうであれば、必要な腸へ必要な菌や免疫を確保できず
アレルギーとなりアトピーがでたのでないか。

そう考えての対処でした。

これはあくまで我が家に起きたひとつのケースで
どう考えるかは本当に人それぞれだけど

今回の撮影で学べた見識で僕的には
その時の答え合わせができた気がした。

実際にアレルギーの原因は腸内環境の
影響が大半だと先生は教えてくれました。

医学も発展しているので昔ながらの固定観念は捨てて
情報や知識はアップデートしていくことも大切ですね。

こちらのクリニックでは今後、
医療と栄養カウンセリングの二つの柱に

もうひとつの新しい柱をつくり
(守秘義務のため伏せます)

地域、そして広い視野では日本の健康を
支えていく目標と戦略を立てられていました。

撮影というお仕事で行かせてもらった横浜市は弘明寺。

また一つ、こんなところにこんな考えの
人々がいらっしゃるのだと感慨深く

楽しい旅のひとと時になったのでした。
旅ができるって面白いですね。

帰りの飛行機から!!

と、いうことでは長くなりましたが、
今回はこの辺りで。

それでは、また次回に!! バイバイ!!

過去ではなく、未来でもない。

「今、この瞬間を生き抜く」

すると、人生はきっと良くなる!!!

2023.2.16  (木)  山口聖巴

☆ブログ定期的更新中☆

☆インスタグラムに写真作品をアップ中☆
[ Seiha Yamaguchi ] or [ iDS Studio ]で検索
良ければフォローお願いしま~す!!

☆FBはトップページのアイコンからアクセスできます☆
メッセージ頂けたら基本的には友達になりますので、
宜しくお願いしま~す!!